リニューアル!ボタンホールパズル

date : 2017.06.02

匹見パズルコレクションの商品として永年愛されてきた寄木細工のボタンホールパズル。
 
製造工程の複雑さから数年前に製造中止になってしまいましたが、スリムなステンレス製になって再登場しました。19世紀後半、アメリカが生んだ天才パズル作家サム・ロイド作。100年以上前に大ヒットした極めてシンプルなパズルです。
 
「はずしてみて」と言って誰かの上着やシャツの胸のボタン穴に素早くつけてみましょう。(実は、このつけ方がまさしくはずし方でもあります)
 
さて、つけられた本人は必死ではずそうと試みますが、そう簡単にははずせません。30分頑張ってもはずせない時は、流行のアクセサリーと言い張って過ごしましょう。確かにシルバーの風合いがなかなかオシャレです。一日過ぎてもはずせない時は、そのまま洗濯機へ!洗濯機の中でシャツと一緒にカラカラ回しても大丈夫なのがステンレス製の良いところでもあります。
 
解ってしまえば単純な理論ですが、つけられた人はなかなかすぐには見抜けません。答えが解ったら今度は他の誰かにつけて優越感を味わいましょう!担任の先生やゼミの教授、上司の背広にそっとつけて、ちょっと困らせるのも一案ですネ。但し、くれぐれも意地悪はほどほどに!
 
ボタンホールパズル(長さ8cm 素材:ステンレス) ¥700+税  日本製

PAGE TOP