ブログ

長らくお待たせしました!
 
つみき遊びを通して補数の力を養う、当店オリジナルの「数字つみき」がより解り易く、使い易くなって再登場しました。
『1』の長さのつみきから、『10』の長さのつみきまで全部で31個、つみきにはそれぞれ片面に1から10までの数字が、もう片面にはその数に応じたドットが印刷されており、パターンカードに従って、つみきを並べたり積んだりして遊びます。
 
京都の塾講師の監修によるパターン集は46問。2才頃からのつみき遊びに始まって、小学校低学年まで年齢に合わせて難易度がアップしていきます。
例えば、左のようなロボットを作ってみましょう。ドットの数を数えることで、小さいお子さんでも腕を『3』のつみきと同じ長さにするには『1』と『2』のつみきを合わせれば良いことに気づきます。また、足は『5』と『1』のつみきでも『6』のつみきと同じ長さになることが分かってきます。
また、収納する木箱には横一列に『10』の長さのつみきが収まるので、片づけの時には『1』と『9』のつみきをあわせて10、『2』と『8』のつみきをあわせて10というように、自然と10の補数の概念を身につけていきます。「1と9で10」と声に出しながら片づけるとより効果的です。数字の面は見ないで、ドットの面を使うことが大切です。指で押さえながら数えても構いません。ドットで考えることで右脳が鍛えられます。
実はこのように10の補数を理解していくことが、繰り上がりのたし算や繰り下がりの引き算の計算力の基礎になります。
 
リニューアルに伴い、遊び方ガイドがより解り易くなり、また、以前は冊子になっていたパターン集をA5サイズのカードに変更し、必要なものだけを1枚ずつ取り出して使えるようになりました。
最も小さな2.5cm角の『1』の立方体つみきから長さ25cmの『10』のつみきまで、「コンパクトにまとまっていてとても使い良い」と、ご愛用いただいている小学校の先生方からのお声もいただいています。
ミズキの木で作られた日本製の精度の高いつみきは、今までありそうでなかった、小さいうちから無理なく数に親しめる、長く使っていただきたい逸品です。
数字つみき(パターンカード46問・遊び方ガイド付) ¥6,000+税  2才~
内容:『1』×21ケ『5』×2ケ『2・3・4・6・7・8・9・10』×各1ケ
つみき材質:ミズキ  日本製 


ザーガランドの王様はメルヘンの森に隠された3つの宝物のありかをいち早く見つけた者を後継者にすると村人たちに告げました。さあ、記憶力と運を味方に次々に指示される宝物の隠された場所を探しあて、王様に報告するために急いでお城を目指しましょう!
ゲーム作家として名高いアレックス・ランドルフ作、1982年ドイツ年間ゲーム大賞受賞のドイツ・ラベンスバーガー社が誇るロングセラー、「ザーガランド」。
 
サイコロを振ってコマを進めるすごろくの要素に森の中の13本の木により多く辿り着いてそこに隠された宝物を次々と覚えていくという記憶力の要素が加わった家族で楽しめるゲームです。
 
振るサイコロは一度に2個、ボード上で木が立っている横の青いマスに止まれば木の裏に描かれた宝物の絵をこっそり見ることができます。サイコロはそれぞれの目数で2回に分けて進めることができるので、なるべく多く青いマスに止まれるように工夫します。また、ゾロ目が出たらラッキー!3つの魔法のうちもっとも有利な一つを使いましょう。誰かが止まっているマスに止まったら元いたコマを村へ送還しましょう。などと、いくつもの仕掛けが散りばめられています。ゲームボードや宝物カードがとても綺麗でメルヘンの世界へどんどん引き込まれます。
プレイヤーの年齢が上がると、他のプレイヤーの顔色や素振りを覗いながらお城から指示された宝物のありかに山をかけ、われ先にお城に駆け込むなんていうツワモノも現れます。こうなると観察力や推理力などの要素もプラスされてゲームの面白さは倍増しますね!
私のような年齢になると、何度も何度も同じ宝物の場所へ止まっては何度見ても覚えられないトホホな状態になりますが、予想以上にしっかり記憶している子どもたちに驚かされます。お城に置かれた13枚の宝物カードはそれぞれ13のグリム童話のお話しに登場する重要なものばかりです。全部知っているかな?これを機会にグリム童話に親しむのもよいですね。
 
ザーガランド ¥3,800+税(ゲームボード36×53cm) 6才から・2~6人用  


私どもイカロスのオリジナルカードゲームNEU「ノイ」は、1988年(昭和63年)7月発売以来、今年で30周年を迎えます。NEUは30年前、発足当初のJAGAの有志と試行錯誤しながら完成させたゲームです。当時はこんなに長く続けられるとは考えてもいませんでしたが、今では日本製のゲームの中でも珍しいロングセラーとして少しは認知していただけるようになったかと思っています。これも30年もの長い間NEUを広め育てていただいた皆様のおかげと、心より感謝しております。
 
この30年間に世の中は目まぐるしく変わり、来年には平成も幕を閉じてまた新しい時代へと移っていきますが、これからも昭和のゲームとして長く遊び続けていただけるよう、次世代へ引き継いでいきたいと思っています。
 
30年間のご愛顧ありがとうございます。そして、まだ知らない方、ぜひ一度遊んでみてください。
 
写真左 発売当初のNEU
写真右 現在発売中のNEU


島根県の工場の休業で、昨年、一昨年と一時休止していた森の時計 Gタイプの製造を再開しました。平成20年の発売以来、お手頃価格とデザインの楽しさで人気の木製時計です。デザインを手掛けたのは岡山県在住の玩具作家若林孝典さん。木の歯車が針を動かす珍しい仕掛けで、針の動きに連動して赤い太陽と黄色の月のモチーフも24時間かけて一周します。お昼の12時に太陽が真上に上り、夕方になると太陽に変わって少しずつお月さまが上ってきて、朝になると今度はまた太陽が上ってくる様子を時計のまだ読めない子どもたちも興味を持って眺めるでしょう。下にのぞく丸い振り子も小刻みにかわいく動きます。歯車と振り子を駆動させるのは単三電池が1本入った内蔵のクォーツで、正確に時を刻みます。時計本体の重さも745gと軽く、多様なフックが利用できるため、壁に穴を開けたくない場合や石膏ボードなどの壁にも対応します。
 
年を重ねると徐々に白木の部分が飴色に変化して、購入した頃とは違う味わいがでてくるのも木の特徴です。
 
鳩時計のようなカチコチカチコチという振り子音がしないので、居間だけでなく寝室にかけても心配がありません。
 
ネイビーブルーの落ち着いた色合いがお部屋の雰囲気を損ねることなく、存在感を醸し出します。長く大切に使っていただきたい時計です。
 
 
森の時計 Gタイプ ¥21,000+税 
直径32cm(振り子部分除く)
重さ745g
日本製


2つのサイコロを振って出た目の合計が答えとなるたし算の数式を考え、その式に使った数字をボード上から伏せていきます。使える数字は1から9までの9つ、一度に使える数字は2つまで、一度使った数字は次からは使えません。『サイコロを振って式を考え数字を伏せる』を繰り返し、式が作れなくなったらゲーム終了。残った数字を全部足して合計数の小さい人が勝者です。
 
使った数字を伏せる時の数字プレートが倒れるパタン、パタンという音の意外な心地よさと、次々式が作れた時の達成感に子どもたちは夢中になります。一人ずつプレイするのでのんびり屋さんにも優しくお薦めです。
 
最初は2つのサイコロの目のたし算をし、時には出た目と違う別の数字の組み合わせに式を作り変える作業に少し戸惑いますが、2つの数字が頭に浮かぶようになるとどんどん楽しくなり、パーフェクトに数字を伏せるまで何度でもチャレンジしたくなります。
 
例えば、4と5の目が出た時の式は、4+5=9のほかに、1+8=9、2+7=9、
3+6=9、0+9=9の4つの式が考えられます。これはまさしく補数の学習です。
 
算数の苦手な子どもたちにもうってつけのゲームです。手を使っても大丈夫!急かさずゆっくり考えさせてあげましょう。お年寄りの脳トレにもお手軽で、おじいちゃんおばあちゃんとお孫さんが一緒に楽しむこともできますね。丁寧な仕上げの木製で、税込み2,700円とコスパも魅力的です。
いたって単純なルールなのですが不思議と大人も子どもたちの順番を横取りしたくなるほど夢中になります。サイコロの魔法でしょうか?
 
シャット ザ ボックス(本体25.5×17.5×3cm) ¥2、500+税
6才から・2人~


新年は1月2日より9日まで休まず営業いたします。
ご来店をお待ちいたしております。


2日目はおもちゃ特集です。今年の新商品や、老舗メーカーのロングセラー商品のご紹介をします。
 
(写真左)
マグタブ 3才~  ¥2,800+税
マグネットペンでボードをなぞると中の鉄球が引き上げられ、字や絵が描けます。失敗したところは指先で鉄球を押し込みましょう。鉄球を引き上げる感触や、緩衝材をプチプチ潰す面白さに似た押し込む感覚に惹きつけられます。人気の新商品です。

(写真前中央)
4人のりバス 白木  2才~  ¥5,500+税
木馬のペーターで有名なドイツの老舗ケラー社のブナ材を使用した堅牢で美しい乗り物玩具です。乗客の人形は乗り降りでき、色違いの4人の人形を自分の家族に見立てたりして遊ぶ楽しさがあります。

(写真右)
トリダスボックス  1、2才~  ¥6,400+税
お馴染みの型はめ遊びですが、箱に入れたブロックをそれぞれ違うしくみの4面の扉から
取り出す趣向が楽しく、色々なものを詰め込んでは出す作業にも夢中になります。

(写真後ろ中央)
ドレスアップパズル くまのファミリー 3才~  ¥3,000+税
くまの家族の着せ替えパズルです。パーツは顔、洋服、くつの3つに分かれており、それぞれ6種類全72ピースが木箱に収納されています。レトロな雰囲気が大人気です。
お手頃な「くまのキッズ」1,800円(税別)もあります。


クリスマスやお正月のプレゼントにお薦めのロングセラーゲームや、人気のおもちゃを2日にわたってご紹介します。まず、1日目はファミリーで楽しめるシンプルな木製ゲームの特集です。
 
(写真左)
シャット ザ ボックス(計算力ゲーム) 6才~・2人~  ¥2,500+税
2つのサイコロを振って出た目の数を足し算します。その数が答えになるようなたし算の式を考え、その式に使った数字を伏せていきます。式が作れなくなったら終了。残った数字の合計のより少ない人が勝者です。全部伏せられると爽快!ゲーム版の作りがとても丁寧で高級感があります。
 
(写真右)
スティッキー(バランスゲーム) 6才~・2人~  ¥2、800+税
サイコロの示す色のスティックを1本ずつ抜いていきます。スティックの束を倒さないようによーく観察して、慎重に!定番人気ゲームです。
 
(写真奥)
ラビリンスゲーム(集中力ゲーム) 6才~・2人~  ¥5、000+税 
ボード上の迷路の上を鉄球が穴から落ちないように2つのダイヤルを操作して、より遠くまで運びます。1960年代に発売された歴史あるゲームです。
 
(写真手前)
チロリアンルーレット(アクションゲーム) 4才~・2人~  ¥5,200+税 
コマを回して木の球をはじきます。赤の球が入ったところは点数が倍、緑はマイナス、点数を競います。コマが木球をはじくピーンという心地よい音に何度もチャレンジしたくなります。
 


木々の葉もすっかり落ち、外の景色が寂しくなった窓辺をトランスパレントペーパーで華やかに飾りませんか?
 
トランスパレントペーパーとは、ツヤとハリのある半透明のクラフト用紙で、海外ではKITE PAPERと呼ばれ、凧作りに使われてきました。この紙を使って色々な作品を作ってみましょう。
 
折り紙のように折って窓に貼ると、太陽の光を通して様々な幾何学模様が浮かびあがります。紙質はパラフィン紙に近く、冬の結露にも耐える耐水性も備えています。
 
折り紙大の正方形のものやA4サイズほどの用紙を均等に切り分け、ガイドブックを参考にして同じ折りで何枚かのパーツを作ります。それをスティク糊などでまーるくつなぎ合わせ星や花の形を作ると、折り目の重なりから思いもかけない美しい模様が現れます。
ツルツルした紙で少し折りづらいですが、1枚のパーツを大きくすれば5、6才から楽しめます。きれいに仕上げる一番のコツは用紙を均等に切ること!そこだけは是非大人が手をかけてあげて下さい。慣れてきたら、自分流の折り方も考えるとよいですね。
折ることの難しい子どもたちは、ハサミで好きな形に切ったり、手でちぎって窓に貼るだけで、オンリーワンの作品になります。
他にも、キャンドルホルダーや、厚手の紙ではランプシェード、色を組み合わせて貼り絵にすればステンドグラスのような作品も出来上がります。
 
クリスマスのデコレーションにも最適です。ちょっと時間を作って子どもたちと一緒に作業をすると、会話も弾み、クリスマスへの期待感もより一層ふくらみます。
 
窓辺を作品でいっぱいにしてみましょう。楽しいクリスマスになりそうですね!!
 
トランスパレントペーパー16×16cm 11色各9枚入(99枚) ¥800+税
トランスパレントペーパー23×33cm 10色各1枚入(10枚) ¥500+税
トランスパレントガイドブック ¥300+税


みんなで協力して財宝を手に入れよう!
 
いたずら好きな森の妖精たちはドラゴンの住む洞窟の奥深くに隠された財宝を探しに出かけます。財宝の入った宝箱を開けるためには、洞窟へ向かう道のりに落ちている鍵を3本集めなければなりません。ドラゴンも近づいてくる妖精たちに気づき、財宝が奪われないように洞窟の奥から出てきます。さあ、ドラゴンと妖精たち(プレーヤー全員)のどちらが早く宝箱にたどり着くでしょう?見事妖精たちがドラゴンより先に宝箱にたどり着いたらプレーヤー全員の勝ち、ドラゴンに先を越されたら・・・残念、プレーヤー全員の負けです。プレーヤー全員が協力して進むので、ゲームに負けると泣いたり怒ったりしてしまうこどもたちがチャレンジするのにもよいですね。
 
さて、道の描かれたカードとドラゴンのカードをシャッフルしてゲームボードの周りに伏せて置き、4本の鍵と1つのおやつをサイコロを振って出た目の指示通りにゲームボード上に置いてゲームスタートです。
 
ルールは簡単!手番ごとに伏せられたカードを1枚ずつめくっていくだけです。
 
道カードが出たら鍵を3本ゲットできるよう考えながらボード上で道をつなげ、森の中を進んでいきます。ドラゴンが出るとさあ大変!洞窟の奥からドラゴンが少しずつ宝箱に近づいてきます。カードをめくるたびに全員がヒヤヒヤ、ドキドキ!!道の途中でおやつをゲットするとドラゴンが1回だけおやつにつられてお休みするという仕掛けもあります。
何よりゲームボードを開いた瞬間にボードに描かれた森のイラストの美しさにワクワクします。ゲーム初心者の子どもたちも無理なく楽しめ、一喜一憂、プレーヤー全員で盛り上がるクリスマスプレゼントにも最適なお薦めゲームです。
 
アミーゴバンデット(ドイツ:アミーゴ社)¥3,600+税
4才から 2~4人


11月も半ばになると、そろそろクリスマスツリーを出そうかなぁとソワソワし始めます。
大きなツリーはちょっと・・・と思われるご家庭には、お手軽にクリスマスの雰囲気を楽しんでいただける卓上ツリーをお薦めします。
 
玄関先や出窓、お部屋のテーブルの隅など少しのスペースでクリスマスの華やいだ雰囲気を演出します。ツリーの枝葉の芯には針金が入っており、枝を自由に広げられ、三段階のグラデーションで着色された葉は本物のもみの木のような質感です。キャンドルスタンドなどでろうそくを灯すと一段とクリスマスムードがアップします。
 
存在感のあるミニツリーとろうそくの灯りだけで静かに過ごすクリスマスも素敵ですね!
片付けもオーナメントはそのままで専用の箱にポンと収まるのでとても簡単!!
 
イカロスの店頭には、卓上ツリーの他にも壁掛ツリーやリース、スタンド型の大きなツリーが色々なアレンジで並んでいます。オーナメントも例年以上にたくさん揃っています。オーナメント付きの好みのツリーを選んだり、お好きなオーナメントを一つずつ選んで自分流のアレンジを楽しんだり、是非、お店で吟味してください。
 
卓上ツリー(35cmH) 写真のオーナメント 11ケ付き ¥6,000+税
ツリーのみ ¥2,400+税
ツリー:ドイツ・RSグローバルトレード社 タイ製
オーナメント:ドイツ製
 


年々過熱気味のハロウィンには目もくれず、当店では明日28日から少し早めのクリスマスが始まります。クリスマスを楽しみにして12月1日から24日まで一つずつ小窓を開けていくアドヴェントカレンダーやXmasカードを始め、ドイツ・RSグローバルトレード社の各種クリスマスツリー、灯りを楽しむキャンドルスタンドなどが揃いました。
 
また、今年は特にオーナメントをたくさん集めました。人気のヒンメリー(麦わらオーナメント)、レーザー技術を駆使した木製やカラフルなペーパーオーナメント、かわいいサンタやフエルト製の雪だるま、シックなレースのオーナメントなどなど、他にもクリスマスの雰囲気を盛り上げる小物たちが勢揃いです。
 
数量限定の商品も多々ありますので、どうぞお早めに!ご来店を心よりお待ちしております。
 


1 / 612345...最後 »
PAGE TOP